難易度の高い医学部に合格するにはコツが要る

大切な受験期間の過ごし方

勉強

近年、中学受験を受ける児童は増えてきています。私立中学校は、高校、大学とエスカレーター式で進学することが多いため、将来的な安定を求める家庭は子供に中学受験を受けさせることが多いのです。中学受験なので、試験を受けるのは小学校6年生の児童になります。そのため、高校入試と比べて出題範囲や難易度も大きく異なりますが、場所によっては授業で習う応用の応用のような、とても難しい問題が出される場合があります。中学受験だからと気を抜かずに、早めに対策をはじめておくことが重要です。中でも、大切なのが夏休み期間の過ごし方です。塾での夏期講習や期間限定の家庭教師をつけるなど、冬に向けて追い込んでしっかりと勉強をするパータン、ストレスを軽減するために夏休みの間にたくさん遊んでおくパターンなどがあります。どちらのパターンにもメリットデメリットはありますので、家庭の方針に合わせて夏休みを過ごしましょう。一番適しているのは、自分を追い込んで勉強することと、息抜きの時間のバランスをとって過ごすことです。そのため、一週間は塾と家庭教師をみっちりつけ、その後の一週間はとにかく遊ぶ、などメリハリをはっきりつけましょう。また勉強内容については、徐々に過去問などを取り組んでおくとよいでしょう。ある程度勉強を形にして、過去問を繰り返し解いていくことで、さらに力を付けることが出来ます。有意義な夏休みを過ごして、中学受験を乗り越えましょう。